SSブログ

銀河を巡る男 [think]

100218075725072_3_000_apx_470__w_ouestfrance_.jpg

ショーン・ホワイトはやっぱりすごかった。
スノーボード男子ハーフパイプ決勝。
「フライング・トマト」と呼ばれるこの赤髪の青年は、
どのテレビ局もが報道した通り
「別次元」のパフォーマンスでしたね。

彼はパイプの底辺から測って約12〜15メートルくらいの距離を飛びます。
ビルと比較すると5階くらいの高さらしい。
正確に言うと、
彼が完全なるエアを制している時間、
地球の自転は彼を1600メートルほど東へ運んでいます。
さらに地球は太陽の周りを回っているので、
その動きを加えると逆に西に130キロメートルほど運びます。
さらに大きく考えると、
太陽系が天の川(銀河系)を巡る動きは、
ヴェガ座の方角に65キロメートルほどゆっくりと彼を運んでいるのです。
またさらに天の川の回転は、銀河系を含む腕の動きで1000キロメートルほど移動します。

つまりフライング・トマトはあの高い空間に留まる間に
広大な宇宙空間をこれだけ移動していることになるのですね。w w
彼の生み出した美しい放物線は、はっきりと僕らの住む銀河に描かれていたことになります。

96812366.jpg

國母くんは残念でした。
色々言われましたが、彼が素晴らしいスノーボーダーであることには変わりと思います。
彼の言動等について色んな意見はあると思いますが、健闘を称えてあげて欲しいと願います。
彼もショーンと同じように銀河に美しい放物線を描いた一人です。
でも彼の想いは星と星の間の空間に消えてしまいました。
ショーンはより広大な宇宙を飛んで、星々を結び、
神々の祝福を受けたということなんでしょう。

星々を巡り結ぶ競技。
そして銀河を飛んでそれを成し遂げた男、ショーン・ホワイト。
誰もが讃えるパフォーマンスを成功させた快挙にお礼を言いたいと思います。
そして今日は男子フィギュア決勝。
楽しみに待とうと思います。 w w

マハロー!

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


no review favorite music file.


nice!(100)  コメント(54)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

最初の冬 [think]

image-20131111203740.png

キリッと感じ始めた冬の空気。
いくら僕が自他共に認める夏大好き人間だとしても、この最初に冬を感じる瞬間が好きだと思うのは自由だ。(^ν^)



母親 [think]

IMGP0285.jpg

2013年3月1日の朝日新聞の声欄にこんな投書がありました。

****************************************************************************

サッカーのポジションは駐車場

     会社経営 稲若健志(栃木県鹿沼市 33)

小学校からサッカーを始めプロ選手になりましたが、何と言ってもつらかったのは中学校の部活時代です。
サッカーの名門校で夏休みは朝から晩までボール拾い。
しかも、ポジションはグラウンドの中にはなく駐車場の担当でした。
日曜日は先生たちの車をボールから守るために下級生と一緒に立たされていました。
つらくて何度もやめようと思いましたが、やめられない理由がありました。
それは「頑張ってね」とだけ言って、お弁当を作ってくれる母親がいたためです。
その一言を励みに必死に努力し、ついに試合に出られる日が来ました。
ただ、母親にはこれまでのこともあり、言えませんでした。
当然、母親は来なかったのですが、試合には勝ちました。
昼にお弁当を食べようとふたを開けてみると、何と赤飯に一言だけ「おめでとう!」と書いてありました。
母親はすべてを知っていたのです。
その日のお弁当は、涙でしょっぱかったことを忘れられません。

****************************************************************************

朝、食事をしながら号泣。w
子供を持つ親なら誰でも感動するし、
特に年頃のスポーツをしている子供を持つ親ならさらに涙腺を崩壊させると思います。

****

母親と言うのはこういうところがありますよね。
この投書のままに出来るかと問われれば、もちろん千差万別、人それぞれ違うとは思います。
それでも、母親には子供の辛い時期をやさしく見守る、という深く大きな愛情が備わっているようです。
僕なんかだったら、きっともっと直情的です。
もし理不尽なパワハラに息子たちのチーム全員が辞めたいくらいだと言い出したら。
「よっしゃ!いっぱつそいつをシメにいったるわ!」とか言って、
お前なんかのせいで子供たちが一生懸命6年も7年も続けてきたスポーツを辞めさせてたまるか!的勢いで乗り込んでしまいそうな覚悟満々です。(笑)
でも、このお母さんは(お父さんも)そうしなかったんですね。
投書を読むと、この方はそれを乗り越えてプロ選手にまでなっているわけです。
その境遇もあって、このお母さんの愛情を実感出来たわけだし、
実際には(中学生には理不尽だし辛いことですが)すごく鍛えられた部分はあったはずですからね。

子供が一生懸命に打ち込むことに対して
親が出来るサポートの在り方を考えさせてくれる
素晴らしい投書だったと思います。
僕も見守れるかなぁ。
やっちゃってくれた方が喜ぶ場合もあるとは思うけれども。w

でもやっぱりお母さんには勝てないやね。
勝とうとは思ってませんけれども。(笑)

マハロ!
mahalo !


The Birds - Don't Look Back!

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(127)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明けましたでおめでとうマハロー! [think]

みなさま。
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

DVC00027.jpg

年末から久しぶりにゆっくり茅ケ崎にいます。
家族がダラダラとしながらも同じ時間を共有して穏やかな時間を過ごしています。
のんびり家族で初詣に行ったり
ゆっくりと本を読んだり
走ったり
散歩したり
PCを眺めたりする時間を満喫しています。
海は変わらずにそこにあって
空はどこまでも優しいわけで。

****

のんびりした時間を浜で過ごしているとよく今までの人生を振り返ることがあります。
今年50歳の大台に乗るわけだし、そういう年齢的なこともあるのかも知れません。
でも、過去を振り返り自分の生きてきた道を辿ったり思い出したりすることは、決して終わるための準備をはじめるということではありませんからね。
これからも生きてゆくためのヒントやパワーを過去の経験から導き出そうという行為なわけで、そういう導きを照合出来るくらいの経験値をすでに持ってきているということなんですね。
振り返れば自分がまだ10代の頃なんて、曲を書いてもラブソングの歌詞なんてどこかから借りてきたような表現しかできないわけでね。
たくさんの経験をして
たくさん泣いて
たくさん血ヘドを吐いて
たくさん後悔して
たくさん反省して
たくさんの人と出会い別れて
たくさんの喜びを経験して
子供を含めて真に人を愛するということを経験してきた人生の道のりは
人の根源的な存在価値を絶対的なものに近づけてくれるものです。

DVC00041_2.jpg

潮を含んだ海の風はいつも心や身体を浄化してくれるような感覚を抱かせてくれます。
浜に来るたびに浄化され
今までの経験値からこれからどう進んでゆくかの道標を選び出す時間を提供してくれて
浄化された自分の中にその道標を立付けるわけです。
今年も苦しくなれば
また浜に来て
過去を振り返り、明日へのパワーを得ようと思います。

みなさまにとっても
今年は素晴らしい一年になりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて明日は近所を走る箱根駅伝の応援にいってきまーーーーす!w

マハローーー!
mahaloーーー !


Marc Jordan- Waiting for a Miracle

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(110)  コメント(98)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年もありがとうございました。 [think]

IMGP0804.jpg

嵐フェス(アラフェス)のDVDを見ました。
ジャニーズジュニアを排除して、嵐5人だけで作り上げるステージは完璧なエンタテインメントでした。
嵐ってやっぱりすごいね。
マツジュンのソロ曲『Shake it』のバックで嵐が踊る初めての試み。
なんてカッコいいのかと強く思うし、ファンでなくとも一エンタテインメントとして充分にアガる場面です。
普段テレビで見る彼らとはまったく違う「カッコいい嵐」の姿がここにあります。w
久しぶりに『Love Situation』の踊りも見れたし。w

****

いよいよ年末。
今年もあと数日で終わりですね。
激動の2012年でした。
仕事環境を変え、自分にとってなにが大切かを知る1年でもありました。
たくさんの縁が生まれ、生活環境も変わりました。
のちに振り返った時にエポック的な年だったと思うかも知れません。

それでも変わらずに僕と関わってくれた多くの人たちに感謝したいと思います。
僕のことに興味を持って関わってくれたすべての人が幸せな日々を送ることが出来ますように。(笑)

DVC00010.jpg

たくさんの感謝を込めて一年を締めくくりたいと思います。
みなさんありがとうございました。
どうかよい年の瀬をお送りください。
来年はいいことたくさんあるかなあ。w
また来年お会いしましょうね!

マハローーー!
mahaloーーー !


Mario Biondi - "Yes You"

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(120)  コメント(58)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

褒め上手 [think]

IMGP0762.jpg

ものすごく忙しい。
なかなか仕事が終わらないし。w
まあカタログを3つ同時進行で、しかも一人でやらないといけないという状況だから仕方ないんだけども。
しかもそれは会社の仕事だからどんだけ詰め込まれてもギャラが増えるわけじゃないしね。
なかなか健全な日々に戻れてないんだな。w

すべてをこなしてゆくという仕事。
どんな手順でなにが行われているのかちょっと明かしちゃいましょう。w
まあデザイナーの仕事に興味のある方だけ流し読みしてください。(笑)

****

まず担当することになった案件の相談を受け、
クライアントと細かいやり取りをしながらデザインプランを組んでラフを作り、トーン&マナーを作り上げていきます。
困難なクライアントとの調整もあったり(笑)、様々な意見を反映しつつ、どういうデザインテイストでいくのかを決めてゆくんですね。
そして商品の見せ方に深く関わってくるカテゴライズや特集案などを立案してコンテンツを組み、細かい編集作業をしてゆきます。
それと同時にモデルのオーディションなどの段取りを手配して、クライアントとスケジュールを調整。
撮影も物撮りと呼ばれる商品の置き撮りのために、スタジオとカメラマン、スタイリストなどを手配します。
同時にロケ撮影用にカメラマン、スタイリスト、ヘアメイクさんなどの手配に入り、同時にイメージにあった場所のチョイスをしながらロケハンに奔走。
デザインや写真のイメージが固まれば、クライアントとカメラマンやスタイリストらと撮影ミーティングを行い、共通意識の共有をします。
ページの多い媒体なら編集&撮影会議が2日間に渡ることもありますからね。
その間も何度も何度もデザインのやり直しなどが行われ、撮影日前日にようやく撮影ラフが全ページアップされます。
そして撮影当日に作業がスムーズに進むことが出来るように香盤表を作成。
どのカットをどの場所でどの服を着て撮影するのかをすべてのカットで決定してそれを表にします。
これが香盤表で、たくさんのカットを撮影しなければならないカタログのような仕事には必要不可欠なものなんですね。
そして撮影当日。
物撮り、モデルロケ撮影、スタジオ撮影、それぞれ終日拘束で4日間くらいでやっちゃうのです。w
撮影が終われば写真をアップしてもらって、実際の写真でレイアウトが組まれてゆきます。
ここでもまた何度もやり直しが行われ、無理難題を実現するべくデザイナーは知恵とセンスを振り絞る日々を送るのですな。w
コピーも考えないといけないし、根本のテーマがこの段階で覆されることもしばしば。(困)
それでも徹夜をして印刷屋さんに迷惑をかけながらもなんとか最終的な形に持ってゆくためにデザイナーは奮闘するんです。
その闘いは、初校入校後も続きます。
最後の最後、校了となるまで続くんですよねー。w

****

それでもね。
仕事をガンガン男らしくこなすようなバリバリのやり手ビジネスマン風情とは対局にあるこんな僕でも、精神的にやられそうなギリギリの状況の中をフラフラになりながら渡ってゆく過程で学んだり寄り添おうと思うことがあったりするものです。
まずは雑用も含めてすべてをやらないといけない中でも、常に行われているのは「デザイン」だということですね。
悩んで胃を壊して、極度のストレスで老け込んでも、僕がやっているのは、ひとつの店舗(カタログ)をデザインするというお仕事なんですね。
さらに思うのは、どんな仕事も僕だからこれが生まれるんだ、という俯瞰した達観が必要なんだということです。
こちらの案を全否定されても、かぶせて提案してゆくのは僕な訳でね。w
そこで「別のデザイナーに変えろ!」とか言われれば別ですけど、そんなことにはまずならないのでね。
もちろんその合間には、書籍のデザインや雑誌のデザインというようなアロハデザインの仕事も挟み込まれてきますし、それらは純粋にデザイナーとしての需要なのでストレスはまったくないので、重要な心の拠り所なわけでね。
自分はデザイナーとしての力量を必要とされてるという実感をちゃんと噛み締めながら、困難な仕事を同時にこなすということですよ。w
そして一番大事なことは、困難な仕事量をこなしてる自分を褒める!ということ。(笑)
「さすがオレ!」的なね。w
こう見えても僕は自分に対して結構な褒め上手なんだよ。(笑)

****

週末にはちびっ子らと野球が出来るからね。
最近なんにも楽しいことしてないんだけれど、それだけはつき合ってもらってるよ。w w
仕事ももう少しでまた落ち着く予定だし。
それまでなんとか身体を壊さず、持ちこたえようと思います。

みんな年末に向けて頑張ろうねー。w

マハローーー!
mahaloーーー !


Chisato Moritaka - Wind Blows

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(70)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いつか向こうで [think]

DVC00056_3.jpg

古い友人が亡くなりました。
バーで倒れてそのまま逝ってしまいました。
まさに急逝でした。
同じ歳のクリエイター仲間。
僕らは同じ時代を共にペーペーから一緒に立ち上がってきたデザイナーとカメラマンでした。
何度も喧嘩したし、何度も助け合った。
いや。助けてくれた、が正しいか。
大きな時間の流れや時代の隆盛と共に僕らの絡みも少なくなり
彼の個人的な問題もあって近年は疎遠になってました。
それでもつい最近も上手くやってるというのを人の噂で伝え聞いたりして安心したりしてたのですけれどね。

ほぼ半世紀を生きてきた道。
死は身近な存在になりつつあります。
いや。
昔からずっと死は僕らの側にあったのですけれども、リアリティとしてそこに存在し始めたという感じです。
友人に限らず、親の世代、少し上の先輩世代など
生が限定だと認識することもなかった子供時代に経験する死とはまったく違う存在感でそこに突然現れます。

人の死に遭遇するといつも思うことがあります。
「彼(彼女)は幸せだったか」
それは長い人生を俯瞰しての評価でもいいし、亡くなった直前の状況でもいい。
故人が幸せな日々を送っていたのかどうか。
そこは想像するしかないのですけれどもね。
もし幸せじゃなかったとしたら…
あるいは幸せだったとしたら…
亡くなってしまった今
どちらも辛いことには変わらないのですけれど、
せめて、直前の日々が美しかったと認識していたとしたら
少しは浮かばれるような気がしてね。
だって自分がそうありたいと強く強く願うから。
子供時代に遭遇する身近な人の死と決定的に違うのは
その故人の人生や願いに想いが及ぶからなのですね。
そして自分の死と何かをリンクさせてるからなのだと思うのです。

彼は幸せな日々の中で逝けたのか。
彼の死は大切な人たちが哀しんでくれるようなものだったろうか。

それは言い換えれば
僕は幸せな日々の中で逝けるのか。
僕の死は大切な人たちが哀しんでくれるようなものだろうか。
そういうことなんです。

胸の奥が痛いものですね。
もうパートナーとかコンビとか呼べるような間柄ではなかった友人であっても、そういう時期が確実にあった友人の死はやはり特別です。
僕と奥さんの結婚式の直前に彼が撮ってくれた二人の写真が今も飾ってあります。

彼の友人が企画して彼の追悼写真展が京都と東京で開催されるという噂。
彼の死は間違いなく大切な人たちが哀しんでくれるようなものだったようです。
たくさんの人に迷惑をかけ
たくさんの人を無条件に助けた故人を
今は偲びたいと思います。
さようなら。
いつか向こうでまた喧嘩しましょう。

マハロ!
mahalo !


Kanjani8-glorious

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(67)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

満喫 [think]

DVC00029.jpg

9月に入ってから
本格的に在宅勤務のスタートとなってます。
去年までのフリーランス時代よりも
海辺で仕事が出来るという環境を積極的に満喫してたりなんかして。w

****

案件のラフ書きの際は海で。
浜やボードウォークやTバーでやってます。
上半身裸でやってるので、
忙し過ぎて8月までに焼き切れなかった肌を
ものすごい速度でこんがりやってますよ。(笑)

DVC00054.jpg

PowerBookがあったらレイアウト作業までカフェやレストランで出来るんだけど。
残念ながらOS-X v10.0の古い古いPowerBookしかなくてね。
でももし最新のPowerBookを持ってても砂害や塩害が怖いのでとても浜には持っていけないよね。
なのでレイアウトラフ案や原稿のまとめやリライト原稿のチェックなど
手書きで持ち出せる業務のときはなるべく海に持っていってます。
本物のノートとペンを持ってね。w w
で、夜は海でまとめたノートを元に家のマックの前で作業。
で、翌朝煮詰まったらまた海へ。
そんな日々かと。
安上がりでいいでしょ?(笑)

****

ささやかだけど、自由な感じ。
こんなことで充実感を味わえるなんて貧乏臭いやつですが。w
でも心が正しく世の中と対峙してる感じがようやく戻ってきた感じです。
これからも病むような時期はあるとは思います。
それでもなんとかこの海で頑張ろうと思いますよ。

そろそろまたいろいろと繋がりたいな。
もっと茅ヶ崎や藤沢とか湘南の人たちと仕事がしたいんだけどね。
なんだってやるんだけどな。
そうだ。
引越したんだった。
色んな人に住所変更案内の傍ら連絡してみようっと。
で、ちゃんと言っておこうかね。

僕はすこぶる元気なんだって。

マハロ!
mahalo !



Stephen Bishop - On and on


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(98)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アロハ・リターンズ! [think]

DVC00087.jpg

お盆休みも明けて、世間は通常のサイクルに戻ったわけですが、身体や心はそう上手くはいかないもので。(笑)
心なしか汐留の電通ビルに吸い込まれてゆくおびただしい人の群れも、足取りが重いような風情です。
まだまだ夏。
朝夕に少し秋の気配を漂わせることも増えてはきましたが、まだまだ陽射しは真夏のそれとなんら変わりありませんからね。
でも今年は引越やら帰省やらでほとんど海に行けてない夏です。
近所に海があるのに全然行けてない。
散歩さえも出来てない。
ゆっくり出来る時間がなさ過ぎて、夏なのに海に近寄りさえも出来ないんですね。
アロハさんの夏にこんな夏があっていいものかというくらいです。w
気がつけば肌はロシア人のように真っ白です。
嘘です。
今確認してみると海に行ってなくても黒かったです。
なので9月からは取り戻したいと思います。
海辺の生活を。
固い決意と共に実現したいと思います!

****

夏休みの間、いろんな事を考えました。
生活は大事です。
もちろん家族がいますから、彼らの幸せを第一に考えなければなりません。
それでも、それを踏まえた上で何が大切なのかも考えます。
大きな決断をしようと環境を変えるなども試みましたがそう上手くはいかないものです。
収入と自分を殺す部分とのバランスを探る日々が続いてゆくわけですね。
それでもやっぱり大切なこと。
家族といる時間。
デザインを認めてもらえて喜ばれること。
そして海が近くにあること。

****

基本的な業務形態が変わります。
茅ヶ崎の在宅勤務になりました!w
細かい諸条件などはここで話すことでもないので触れませんが、
給料が大幅に下がることと引き替えに、
家族といる時間と
アロハデザインとしての仕事にさく時間の確保と
海の側で会社の仕事をするという環境を手に入れたということでございます。 w
基本的に茅ヶ崎の自宅作業。
時々勝どきと都内各所へ。
それが新しい生活の様というわけです。
正しい選択だと信じたいですね。
誰かが助けてくれるわけではありませんが、頑張れとみんなが言ってくれます。
正味の話、減給は生活が苦しくなるレベルですからアロハデザインのお仕事を増やさないといけません。
でもね。
徹夜があっても大丈夫。
だって家だから。w
新しい生活は厳しくとも、自分を取り戻せる生活だと信じて頑張ろうと思います。

さてさて。
茅ヶ崎・アロハデザイン・リターンズ!w
営業を再開しようと思います。w
お仕事はどんどんアロハデザイン=僕を指名してくださいませ!
僕は結構いいデザイナーなんですよ。実は。w w w

マハロ!
mahalo !


Los Daniels A Dueto Con Natalia Lafourcade - Quisiera Saber

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(83)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

我が愛しの編集者 [think]

DVC00063.jpg
DVC00239.jpg

最近カタログの制作をする機会が多くてね。
ラフやアイデア出しはもちろんのこと、撮影の手配や香盤表作りから何からすべてに関わることが多いです。
もちろんクライアント側で撮影関係の手配や台割などを作ってくれる出版形式のやりとりもありますが、基本的にコピーも含めてクリエイティブのすべてを任されることが多いのです。

まあ、はっきり言って求められることが自分の能力を超えてる場合もあるわけでね。(笑)
なので今まで20年近く出版に関わってきて、最近特に「編集者」のありがたさを身に染みて感じている次第です。
手描きのキャプション程度の原稿を僕が打っていたら
「デザイナーに打たせてるのか?お前なにやってんだよ!」
と編集者が編集長に怒られるような環境でデザイナーをさせていただいてきたわけでね。
自分が編集もデザインもやる、という状況自体は初めてじゃないんですけれども、雑誌の編集長とデザイナー兼務という状況とはまったく違うんです。
カタログって、基本的にはクライアントありきなわけで。
僕のかっこいいセンスとかイケてるとされてきた感覚はむしろ邪魔になることもあったりしてね。
雑誌の場合は僕のカラーを前面に出せばいいんだけど、カタログはクライアントが求めてるものに整合性をつけて提案して調整をしてゆくという作業なわけで。
そこにはデザイナーとしてのセンスは求められても個性はまったく排除される世界です。
まあとってもとっても難しい世界なんだと痛感する日々を送っていますよ。w w w

****

実はここ最近、ALOHA DESIGNの木ノ下さんへのお仕事の相談が相次いでましてね。
僕のセンスや個性を求めてご指名される状況はとっても嬉しくて。w
ここ数ヶ月やさぐれた人間に成り下がりつつあったので(笑)、僕と会おうとしてくれる編集者たちの存在やその時間はなんだか久しぶりに「仲間」と話してる感が満載で。w
僕を求めてくれる編集者たちに改めて感謝を伝えたいと思います。
一緒に出来るなら頑張っちゃうよ!オレ! みたいな。w

一緒に仕事をするとかしないとかだけじゃなく、
僕を知ってくれてて僕を認めてくれている人たち、
あるいは僕自身が必要としている人々との関係はすべて大切です。
そういうことも大切にしながら生きてゆこうと心から思います。
僕が僕であるためにどうしても必要なことですから。

敵からの攻撃をかわしつつ、
なんとか生き延びて、
みんな仲間の元に集おうじゃありませんか。!w

Mahalo!


Kenny Loggins-Heart to Heart

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(60)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます